葉酸サプリで胎児に栄養を与える|サプリで健康ガイダンス

前もって摂取しておく

赤ちゃん

妊娠中はもちろんのこと、妊娠する前にも葉酸を摂取したほうがいいことが分かっており、今後も摂取する人が増えていく可能性が高いです。食事から葉酸を摂取することは難しいので、健康食品を使うか医師に処方してもらうとよいです。

詳しく読む

回避できること

花

ネットでも見る事が出来ますが、着床前診断をする適応条件があります。男女の産み分けや何となく不安だから、という理由で着床前診断を考えるだけでなく、遺伝病などで着床前診断によって防げる流産があるのを知っておくと良さそうです。

詳しく読む

妊娠初期の必須栄養素

男女

食事では不足しがち

葉酸はビタミンB群に含まれる栄養素の一種ですが、妊娠中は特に十分な摂取が必要とされています。妊娠初期は胎盤が形成され、胎児の脳や内臓などが作られていく重要な時期です。そのため葉酸も通常の2倍の量が消費されると言われています。この時期に葉酸が不足すると、胎児に神経管閉鎖障害が発生するリスクが高まります。厚生労働省では、妊娠中の女性は1日あたり0.4ミリグラムの葉酸を、葉酸サプリから摂取するのが望ましいとしています。葉酸はホウレンソウなどの野菜に含まれていますが、水に溶けやすく熱に弱いので、調理すると失われやすいという性質があります。食事だけでは不足しがちなため、葉酸サプリを利用するのが確実です。

合成葉酸のメリット

食品に含まれる天然の葉酸は、壊れやすいだけでなく吸収されにくいという特徴もあります。これは天然葉酸がポリグルタミン酸型という複雑な形をしており、そのままでは利用しにくいことが原因です。これに対して葉酸サプリに含まれる合成葉酸は、モノグルタミン酸型という単純で安定した形に変換されており、生体利用率が高くなっています。妊娠中に必要な栄養素は葉酸だけではありません。葉酸の働きを助けるビタミンB12やビタミンC、鉄分やミネラルなども重要な役割を果たします。市販の葉酸サプリの多くには、こうした栄養素もバランス良く配合されていて、母体と胎児の健康維持に役立ってくれます。妊娠初期だけでなく、出産まで飲み続けたいサプリです。

スムーズな高齢出産

医者

晩婚化や女性の社会進出によって高齢出産の方が増えています。高齢出産には様々なリスクがありますが、まず妊娠のリスクを軽減することが重要です。妊娠のリスクを軽減するためには妊活としてビタミンEやC、コエンザイムQ10、プラセンタ、マカ、ザクロ、大豆イソフラボンなどのサプリメントの摂取が有効です。

詳しく読む