葉酸サプリで胎児に栄養を与える|サプリで健康ガイダンス

回避できること

花

年齢とともに高くなる割合

妊娠したかもしれないと思った時には、嬉しい気持ちや不安な気持ち様々かもしれません。高齢になればなるほど妊娠しにくくなっているのは誰もが知っている事です。そして、中には着床前診断を希望したいと考える方もいらっしゃるようです。着床前診断という言葉は耳にしたことがあるかもしれません。受精卵が子宮に着床して妊娠が成立する前に受精卵の染色体に異常がないかを調べて診断するものです。着床前診断は染色体をしらべるので、特に海外では男女の産み分けで使われる事も珍しくないようです。ただ、知っておくと良いのは、着床前診断をする意味は流産を繰り返す事を回避できるからです。染色体に異常があると、流産の割合が大変高いのです。

適応条件がある

そして、流産を繰り返す事による子宮内癒着も予防できる事になります。分娩まで流産を抑えられたとしても、分娩時に癒着による大出血を起こす可能性があるからです。染色体異常は、高齢が原因の他に重い遺伝病の患者に起こりやすく、日本産科婦人科学会がそのような方を着床前診断の適応条件としています。その為、その適応条件に当てはまらない方の中には、海外で着床前診断を行う方もいらっしゃるようです。ただ、着床前診断の費用も病院によって事なりますが、決して手軽な費用ではありません。また、海外なので交通費や宿泊費などもかかります。そのような特徴を踏まえて着床前診断というものを考えると良さそうです。また、ネットにもありますが日本でも着床前診断について親身になって相談に応じてくれる病院もあるようです。