葉酸サプリで胎児に栄養を与える|サプリで健康ガイダンス

スムーズな高齢出産

医者

35歳以上の妊娠出産

近年の女性の社会進出や晩婚化によって高齢出産の方が増えています。高齢出産とは35歳以上での出産で、35歳を過ぎると出産のリスクに加えて妊娠のリスクも高くなっていきます。特に妊娠のリスクに注目が集まっており、妊娠のリスクを軽減することが出産のリスクの軽減にも繋がると言われています。妊娠のリスクとは具体的にどのような事を言うのかというと、35歳を過ぎると卵子の質の低下や老化、女性ホルモンのエストロゲンが減少するため妊娠率が下がります。このことから35歳を過ぎてから妊娠を望む場合には妊活が重要になってきます。正しい妊活を行うことによって妊娠出産がスムーズに進み、そして元気な赤ちゃんと出会うことも出来るのです。

妊娠率を上げるため

それでは正しい妊活の方法について見ていきます。妊活の第一歩は妊娠のリスクを高める卵子の質の低下と老化、エストロゲンの減少を改善する事が何よりも重要です。まず卵子の質の低下と老化、エストロゲンの減少の改善はバランスの良い食生活と整った生活習慣、そしてサプリメントの摂取が効果的です。具体的にどのようなサプリメントが効果的かというと卵子の質を上げ老化の予防に効果のあるビタミンEやビタミンC、コエンザイムQ10、プラセンタ、そしてエストロゲンの分泌を促し整える効果のあるマカやザクロ、大豆イソフラボンなどのサプリメントが有効です。その他にも赤ちゃんの脳や神経を作るために必要不可欠な葉酸をサプリメントで摂取することも忘れてはいけません。